Animal 3rd Eyesとは Animal 3rd Eyesとは

Animal3rdEyesは、静岡市清水区で運営している家をなくした
猫たちが暮らす 公開型シェルターです。

近年、飼い主さんの高齢化に伴い施設への入所や病気療養のための入院などを余儀なくされそれまで共に暮らしてきたペットたちの行き場が失くなってしまうことが増えてきました。

命あるものがこれからも幸せに、そしてこれまでと変わらず生きていくためには、お金がかかります。その負担をするのは飼い主の義務であることは言うまでもありません。しかし、必ずしもすべての飼い主さんがその保証をできるわけではないという現実を私たちはこれまでいくつも目のあたりにしてきました。

わが子のように大切に大切に時間を過ごしてきたのに、ずっとずっと幸せであってほしいのに、こんなハズじゃなかった・・・とその子の一生を守ることが出来ない現実。身寄りのない飼い主さんが他界してしまい残されるペットたち。頼れる人が見つからず飼い主さん自身が治療や入所を拒んでしまうケースもあります。また、愛するペットたちのためにこれから準備をしていこうと思っていた若い飼い主さんであっても突然の病や事故で倒れてしまうということも絶対無いとは言い切れせん。

そうして最愛の飼い主さんと別れることになってしまったペットたちは、また新たに家族として迎えてくれる里親さんとめぐりあえる事ができればいいのですが、そのペット自身も歳を重ね高齢だったり、介護や持病により通年治療が必要だったり、飼い主さん以外の人とのコミュニケーションが難しかったりと、ご縁に繋がらない子がいるのも現実です。

Animal3rdEyesの猫たち

私たちAnimal3rdEyesは、高齢や病気などが理由で新しい里親さんにつながらないなど、どこにも行くあてが無い子たちの最後の受け皿として安心して暮らしていける “ 終の棲み処” を目指して活動しています。

A3Eで暮らす猫たちは、病気療養中の子、飼い主さんを待っている子と様々ですが 成猫~高齢猫がメインですので終生をここで過ごす事がほとんどです。 A3Eに仲間入りするにあたりどんな理由があったとしてもこの子たちに罪はありません。

どの子も同じ、大切な命です。 様々な経緯で集まったA3Eにいる全ての子たちがたとえここが終の棲み処になってしまっても 何年先も安心して暮らしていけるような場所を作っていけるように尽力いたします。

Animal3rdEyesの様子
Animal3rdEyesの様子
Animal3rdEyesの1日の流れ

トイレ掃除・飲み水の交換・掃除機がけ・床拭き・洗濯…やることはいっぱいです。
その日その日の細やかな様子を確認し、顔色や毛艶、食欲・トイレ・心のケア。どれも欠かすことはできません。
1Fの要看護室では、目が離せない症状の子たちを24時間365日体制で看護しています。

心のケア

A3Eに来た当初は、引きこもってしまったり、人を威嚇したり、ご飯を食べない子が多いのが現状です。
ですが、最初からそんな状態だったはずはありません。
私たちはまずその子たちの心のケアを第一に考え、安心してここで暮らしていけるよう長い時間をかけ一匹一匹にあった世話をします。
行き場をなくし悲しい目にあう子をなくしたいと私たちは切実に願っています。

猫を迎える前に考えてほしいこと

猫を迎える際は、どうか家族の一員として迎えてください。
「事情がありこれ以上猫を飼えなくなってしまった」「自分が歳をとり世話ができなくなってしまった」等の理由で猫を手放す方が悲しいことですが数多くいらっしゃいます。しかし、どうしても手放さなくてはならなくなる前に、自分の子が安心して暮らせるように新しい飼い主さんを見つけ、行き場を確保してほしいのです。
私たちがお預かりすることになった子たちには、もちろん最善を尽くさせていただきます。それでも私たちのもとに来ることは、けして幸せなことではありません。愛情を独り占めできるその子だけのおうちが見つかるように、まずは飼い主さんまたは保護主さんができることを精一杯対応していただけますよう、お願いいたします。

経緯

私たちAnimal3rdEyesは2008年2月、当時あまりにも恵まれているとはいえない環境下(某動物保護団体)に置かれていた猫たちを救いたいと考える有志が集まり結成しました。
そんな環境下に置かれる前、もとは飼い主さんのあった猫たち。
飼い主さんは高齢の為、施設への入所を余儀なくされたり体調不良により入院せざるを得ずこれまで共に暮らしてきた動物たちを手放さなくてはならない現実。

そんな飼い主さんたちの一筋の光になりたい。
そして何より、行き場を失ったこの子たちに安心できる終の棲み処を作りたい。

大好きな飼い主さんと離れなければならなくなり辛い思いをしたこの子たちだからこそ、そして最愛の家族を手放さなければならなくなり藁をもつかむ思いでこの子たちの終の棲み処を探してきた飼い主さんだからこそ、幸せに向かって進んで行ってほしい・・・と私たちは活動を始めました。


2008年06月~
現在の場所に居を構え某保護施設にいた73匹の猫たちと任意団体として活動スタート
2009年10月
30匹の猫たちと過ごしていた飼い主さんが病に倒れ崩壊寸前となった現場に着手
2013年01月
71匹多頭飼育崩壊現場に着手
2014年04月
NPO法人設立